☆ロヴェスト神戸 1期生☆


 背番号  氏名  出身チーム
1
4
5
6
7
8
9
10
11
13
17
23
申 昌英
森岡 諒介
遠山 陽太
田中 大輔
花満 宗一郎 
新福 力哉斗
竹内 優平
平松 洸太
熊木 悠太
金井 塔哉
竹崎 泰博
大前 颯希 
FC玉津
神出SC
つつじが丘FS
FC玉津
新多聞SC
FC玉津
FC玉津
FC玉津
FC玉津
FC玉津
新多聞SC
岩岡FCアミーゴ


第49回兵庫県中学生サッカー選手権大会神戸市予選

★もっと自信を!★

高円宮杯1回戦。
VSリアルコリーダ。

対戦相手は縦に大きく蹴って来るチーム。
蹴ったボールがそのままゴールに入るのが一番の心配でした。
その心配が的中。
相手の右サイドが大きくそして高く蹴ったボールがDF2人の真ん中へぽとり。
そのワンバンドがGKの頭上を高く超してゴールイン。
でもこれは単なるアクシデントで、プレーで崩されてゴールを決まられた訳ではない。
なのになんで足が停止してしまうのか?
なんでガッカリするのかなあ?
DFがちょっとボールを触ったら何の問題もなかったプレーです。
逆にロヴェストは、ダイスケが相手DFを何度も何度も切り崩している。
いつか得点が生まれるはず。
繰り返し繰り返し、必ずチャンスをものに出来ると確信していました。


前半は0-1で折り返し。
後半の10分ぐらいにダイスケの切り崩しからケンタロウが得点して同点に。
相手のロングキックでヒヤリとする場面はあったものの、DFはしっかり対応。
第4審から残り2分のアディショナルタイムを聞いた直後、
ダイスケのセンターリングをケンタロウがヘディングでゴールを決めて2-1。
少しして試合終了。

U15の子供たちには暑い中、寒い中、この2年半、精いっぱい技術を刷り込んできました。
個の技術なら負けていない!と云うことを信じて、
もっともっと自信を持ってプレーしてもらいたいです。

明日は2回戦。
平常心でいつも通りのロヴェストのサッカーをやってもらいたい。
必ず結果はいい方向に出るでしょう!

ロヴェストのU10の子供たちも応援に駆け付けてくれました。
みなさん、ありがとうございました。



★「分りました〜!」★

フェニックスリーグ 3部Bリーグ
ロヴェストBチーム(2,1年)
日にち 5/17(日)
対戦相手 神陵台SC
試合時間 14:30 キックオフ
会場 星和台中
試合結果 ロヴェスト4-2神陵台SC

この数年、人数不足で9人や10人の試合をして来たロヴェストですが、
1年生が来てくれて今は一安心になりました。
この日は神陵台SCが怪我人などで9名。
老舗の神陵台SCさんには本当にお世話になっています。
人数が少ない時の苦しみは痛いほど分ります。
試合前に子供たちに「真摯に戦おうな!」っていったら、
みんなに「分りました〜!」って言われました。
ちょっと待てよ・・・「真摯」なんて言葉は知らんはず・・・。
言い直して「人数に関係なく、しっかりとがんばろうな!」
みんなは「分りました〜!」
多分、試合前は何を言っても「分りました〜!」の言葉しか言わないと思います(^^;)
掛け声みたいなものですね・・・(^^;)

試合はトップ3名が1年生なので、丁度いい面白いゲームになると予想していました。
先発の1年生4名はキャプテンケンタロウの要望。
後半の交代選手はジャンケンで決定。
みんなジャンケンから必死でした。血眼(ちまなこ)です(^^)
この日の試合も小っちゃいのがウロチョロ、ウロチョロ。
1年生、懸命に走ってドリしてパスして頑張ってました。
良かったのが、ショートコーナーでシュンにボールが渡り、それをゴール前にセンターリング。
その浮き球をテツがヘディングシュート。
少し後ろへ流す形のヘディングが綺麗に決まりました。
「へえ、この1年生はこんなことが出来るんやあ・・・」って感心しました。
6月から始まるルーキーリーグに合わせて一人ひとりの個性を見ていきます。
それとタクミはやっぱりクラムジーですね。
本人は「なんかわからへん。なんかおかしい。」って言ってましたが
プレーを見ててはっきり分かりました。
身長の伸びる時期です。筋力が追いついていませんね。
踏ん張ったときに何もないのにグラついてました。
焦らずゆっくりじっくりと待ちます。





★愛が足りないね★

フェニックスリーグ 2部Bリーグ
ロヴェストAチーム(3年)
日にち 5/17(日)
対戦相手 井吹台中B
試合時間 11:00 キックオフ
会場 星陵台中
試合結果 ロヴェスト1-0井吹台中B

ドリだけじゃないロヴェスト〜!
ドリブル中心のサッカースタイルですが、しっかりとパスも通すんですよ。
昨日、知人のコーチが見に来てて、試合後に「今日はパス多かったですね」って言われました。
結構ドリブルして崩してたけど・・・?って思ったのですが、パスの方が目立ったのかもしれませんね。
ロヴェストは中1・2年生の時は失敗してもドリブルでチャレンジすることを要求しています。
パスはゴロだけです。
ですから遠いところへのパスは、思いっきり蹴るゴロになります。
頭を超すパスを出すと「こらあー!やめろ!!」っていいます。
『日本のサッカーはフライパンの上のサッカー!』
今から、ん十年?ほど前に海外から見た日本のサッカー・・・というのを雑誌で見ました。
私が社会人になった時の会社のチームもDFからの縦1発のサッカーでした。
当時、監督をしていた上司に「なんでもええから意見は無いか」っていうから、
「縦1発のサッカーはやめましょう!」って言ったら先輩たちに無茶苦茶怒られました。
でも可愛がってもらいましたけどね。
先輩たちの意識を変えるのに一苦労でした。
ん十年?経った今でも「行ったり来たり」の蹴り合いのゲームが多いように思いますが、
若い先生がいるサッカー部はスタイルが変わって来ていますね。
嬉しいことです。
40代、50代の指導者は、ドカ蹴りサッカーで育って来ていますので、
自覚して学ばないとそのままのサッカーを子供たちに教えて、やらせてしまってますね。
60歳に手が届く私は、恩師(先生)から技術の大切さをふんだんに教え込まれましたから、
考え方は昔から変わっていないですね。
でもドカ蹴りは形勢逆転が出来ますので楽チンですけど。

さて、ロヴェストです。
何度も書いてますが、ロヴェストは「個の育成」を重んじていますので、
ドリブルでチャレンジ、パスはゴロだけ・・・のスタイルでやってます。
なので、奪われたり、パスをカットされたりで試合はヘロヘロ状態ですが、
みんな負けることには平気になります。
中2年生の時期に「どんなプレーをしてもOK」という解禁日があります。
チームの状態を見て決めます。
現中3は2年生の2学期に「はい、今日からなんでもOK」と言ってやりました。
カッコつけてヒールキックして私に怒られてきたプレーも、また、
ちょんと蹴って相手の頭を超して抜け出るええかっこしいのプレーも解禁しました。
なんせ、現中3の子供たちは、集まった当時ほんまにへったぴ〜ばかりでしたから。
「へたっぴ〜なくせに一丁前なプレーはするな!」でしたね。
解禁は、視野を広げるために一番必要な頭を超す『ロングキック』もOKです。
子供たちは「よっしゃ〜!やった〜」って喜んでました。
しかし、縦ポンだけは「*-+/%$#<>¥ガオー〜」って吠えます。
今では、上手いことパスとドリを取り混ぜてやってくれています。
でも、個を重視し過ぎた精で他人に愛が無い・・・。
だからゴール前のプレーも自分ばっかり・・・。
ゴールエリアやペナルティーエリアまで行ってんだから、ちょっと横見てよ〜・・・。
すぐ横に居る隣人が「私、フリーですけど・・・」って待っているんですけど。
そこに、愛がこもったとってもとっても優し〜いパスを・・・ほんの数回でいいので頼みますよ。

この日のユウタのゴール、スバらしかった!
パパ・ママ、よろこんどったで(^^)



★岡山遠征 今年で3年目★
EL×ORE スプリング フェスティバル

岡山遠征の日程を掲載致します。
ご確認下さい。

EL×ORE スプリング フェスティバルの案内

明後日からになります。
EL×ORE スプリングフェスティバル。
5/4(月),5(火),6(木)の2泊3日、岡山に遠征して来ます。...
2年前は現3年生が1年の時に参加して、ボロ雑巾になって帰ってきました。
昨年は現3,2年生が2,1年の時に参加して、これまたズタボロで帰ってきました。
今年も2,1年生が参加。
今年も・・・たぶんズタボロ・・・。
でも無茶苦茶楽しみです。
ドリドリドリのチームばかりが来ているので本当に勉強させてもらっています。
上には上がいますので何年経っても追いつかないですね。
さてさて今年は何を学んで帰れるか・・・ワクワクです。

バス時刻

7:00 玉中前坂道
7:10 西神南交番前
7:20 西神中央ホンダ前
7:30 175号線転回場
9:30 赤磐市桜ヶ丘9丁目運動場

 

★勝つことの難しさ★

HCY選手権1次ラウンドの第5戦
日にち 4/18(土) 13:00〜
会場 アスパ五色 クレー(南)
試合相手 ロヴェスト3-3クリボウネ

風がかなりの強風でした。
ロヴェストU15の兵庫県クラブユース選手権は終わりました。
立ち上がり4分で先制したものの、何故かみんな動きがおかしい。
緊張です。それも極度の緊張。
プレーが一番へんなのはソウイチロウ。人形の様にガチガチです。
日ごろ良くしゃべる奴ほど気が小さいというのは当たっているかも知れません。
すんなり勝つものと思っていたのですが、中盤のメンバーも走らないしプレーの予測もしてない。
頭が動いてないんですね。
前半は1-2で折り返し。
ハーフタイムに、ジャンケンして勝ったら相手の頭を叩き、
負けた方が防御する遊びをして気分をほぐしたけれど、
後半もあまり変わり映えしませんでした。
足の速いダイスケが2本、Nトウヤが1本、
相手DFをぶっちぎってGKと1対1になったのをしっかりと決めていてくれれば・・・。
試合結果は3-3の引き分け。
2次ラウンドの切符はなくなりました。
しかし、改善個所はいっぱい見つかりました。
本当に良い大会でした。
まだまだ頑張れます。そして子供たちの将来はまだまだ続きます。
みんなガンバロウゼ〜ット!



★奇跡か?底力かあ?★

HCY選手権1次ラウンドの第4戦
日にち 4/12(日) 15:30〜
会場 アスパ五色 クレー(北)

立ち上がりの15分、なかなかいい感じでドリ・キープ・パス。
相変わらずシュートはへったぴ。
ものにしていれば、この日も勝ち切っていた試合。
もうあとはサッカーの神様に降臨して頂くしかない。
課題はDF。
この試合に負ければあとの試合は消化試合。
絶対に落とせない試合なのでキャプテンコータをボランチに、
負傷のKトウヤを左DFに入れてチームとしては万全の態勢に。
Kトウヤを入れることでバランスは安定したものの、やはり走れずに15分で交代。
攻めてはいるものの得点が取れず。
対戦相手の芦屋はしっかりとドリもキープも出来るいいチームでした。
前半に2点取られて折り返し。
後半始まってもロヴェストは空回りのエンスト状態。
そんなこんなで後半25分頃に追加点を取られて万事休す。

こうなったら、サッカーの神様を探しまくるしかない!
居た居た〜!
遠くの木に隠れているのが見えたぜ。
(ウブッチ異常)
もう試合なんてどうでもいい!
あとは本当に神頼みだけ!
私は自チームのベンチの周りを行ったり来たりして、恥ずかしがる神様を呼ぶ儀式に懸命・・・。
「エンヤコリャ〜、アリャ〜コリャ〜・・・」呪文が分かんなくても心で叫ぶ!
みなさん、サッカーの神様は絶対に居ますよ、しっかりと拝みましょう〜。
(ウブッチ、更に異常)

後半29分。
ダイスケが右から切り込んでセンターリング。
そのボールをNトウヤがヘディングでキッチリと決めて1点。
でも、まだこの時点での敗戦は濃厚。
あきらめの境地。神様お助けを〜!

すかさずボールを中央に持ち帰りキックオフ。
これから奇跡が起こる!!
レフリーからアディショナルタイム3分が告げられる。
(えっ、3分もあるの?奇跡や?oh〜神様!)
35分ハーフの試合で、プラス3分も貰えた。

直後の後半34分。
コーナーキックをもらってダイスケがキック。
全体的に少し後ろからゴール前に入るように指示。
DF2人を残し全員でゴール前に走り込む。
ダイスケのコーナーキックがゴール中央のキーパーが出られないところへフワ〜と上がる。
ロヴェの選手も相手選手もみんながボールへ絡む!
キャプテンコータが高いジャンプでヘディングでボールをたたきつけた!
ゴーーーーーーール!
2点目。
でも、まだこの時点でも敗戦は濃厚。神様〜お助けを〜!!

気がついたら恥ずかしがってたサッカーの神様が私の横に立って肩を組んでくれてました。
(ウブッチ、完全に異常)
アディショナルタイムに入った後半37分。
真ん中の左サイド→中央の前寄りに居たカズへボールが渡り、
カズ→右FWの位置にいたケンタローにパスが通り、ケンタローがしっかりと綺麗なシュートで3点目。
同点やあーーー!
(ウブッチ、完璧に異常)

残り時間。
攻める側。
攻め込まれる側。
中学生の心理状態でこんなにも試合が変化する一例ですね。
安心は禁物!ってことと、頑張れば出来るんだという事を本当に教えてもらった素晴らしい試合でした。
苦しんで苦しんでいい経験を積んで・・・勝っても負けても本当に素晴らしいサッカーをさせてもらっています。

後半残り6分+3分で3得点。
なかなか出来るもんじゃないです。
首の皮、それも薄い薄い首の皮1枚。踏ん張って残りました。
4/18(土)の1戦に勝てば2次リーグへ行けるでしょう!
それまで、私はサッカーの神様が戻って行かないようにしがみついておきます。

試合結果 ロヴェスト3-3(前半0-2、後半3-1)芦屋

by ubu(ただ今、異常)



★二流の選手たちが★

HCY選手権1次ラウンドの第3戦
日にち 4/11(土) 13:00〜
会場 アスパ五色 クレー(南)
相手 ロヴェスト 2-3 (前半2-2)バンディオンセ

試合開始直後1分15秒で左FWのNトウヤにボールが渡りドリブル突破で先取点。
相手は想像した通りの縦ポンのサッカー。
DFの真中からボールを前線に大きく蹴ってFWの選手に繋げて持ち込んでくる。
怪我で出場できない選手(DF)の代わりは急造のDFではムリがある。
まして攻めることが好きな選手にDFの意識を持たせるのは至難の業。
グランドが凸凹と言う理由は相手も同条件なので使えない。
ロヴェストのシュートがキッチリと決めていれば勝ちは間違いない試合だったが、
そこはやはりまだまだ中学生。
前半に同点にされ、更に突き放したものの、再度同点で前半を折り返す。
後半は一進一退。
残り5分前に追加点を取られてタイムアップ。

ロヴェストの子供たちはジュニア時代は弱小のチームでサッカーをしてきたメンバー。
中1で初めて集まった時には、ただただ上手くなろう!という夢と希望しかなかったメンバー。
足元の技術をずっとずっとずっとやってきた成果が、ここに来て効いてきた。
その反面、攻め方、守り方の戦術を全く教えていない。
出来なかった・・・というべきかも。
ドリドリドリで中学生を最後までやり抜いて、局面をいっぱい経験させるのか?
はたまた戦術を教えて繋ぐサッカーに変えて勝つことを喜ぶのか?
名前のあるチームとしっかり戦えるようになって来た今、非常に迷うところ。

この時点で1勝2敗。
1次リーグはまだまだどのチームも混戦模様。

by ubu



★やっちまった!★

日にち 4/5(日) 9:30〜
会場 淡路佐野運動公園
相手 ロヴェスト神戸 0-9(前半0-5) 龍野

さて、今日はクラブユース選手権1次ラウンドの第2戦でした。
試合の直前まで降っていた雨が試合の始まる頃には小降りになり、
その後は降ったり止んだりの中、人工芝グラウンドでの試合になりました。

いつも通り、開始前には「初めの5分集中して入ろう」と話をしましたが、
相手チームの集中力とインテンシティが上回っていたのか、
はたまたロヴェストのメンバーの集中が足りなかったのか、
開始3分、右サイドの裏を見事に破られ慌てたところで先制されました。
その後も右サイドから徹底的に裏を狙われる展開にDFラインが下がって対応してしまい、
前半で5失点で折り返しました。

ハーフタイムには田中コーチから、DF同士の距離感が短いこと、
フィールド内での会話が少ないこと、技術は負けてないから自信を持って1対1をしっかりすること、
と指示があり、後半開始。

ロヴェストメンバーも懸命にプレーしましたが、持っているものを出し切れず、後半4失点で完敗となりました。

結果は結果。しかしこれで一勝一敗となりました。1次ラウンド残り3戦、
今日の試合で出た課題を今週でつぶして、次、2次ラウンド進出に向けて、もう一回スタートです。

みんな、もっとできるはずです。持っているもの、いまできること、全て出し切れるよう、頑張りましょう。

by oomae

右DFが寝坊で大遅刻、左DFが故障。
1年生スーパーサブのDFは発熱で休み。
これは殆ど初めからギブアップですかね。
産屋敷は所用で試合に行けませんでした。すみません。
次回から、どっかりとベンチに座ります。
by ubu



★第30回日本クラブユースサッカー(U‐15)選手権大会兵庫県予選日程表★
1次ラウンド
4/4(土)
会場 みきぼうパーク第1球技場
11:30 アグア − ロヴェスト

4/5(日) 
会場 佐野運動公園第3サッカー場
9:30 ロヴェスト ー 龍野

4/11(土)
会場 アスパ五色 クレー(南)
13:00 ロヴェスト − バンディオンセ

4/12(日)
会場 アスパ五色 クレー(北)
15:30 ロヴェスト − 芦屋 

4/18(土)
会場 アスパ五色 クレー(南)
13:00 ロヴェスト − クリボーネ
 


★フェニックスリーグ 第5節★

ロヴェスト 14-1(前半5-0) 布引中
キックオフ 11:00〜
会場 港島中

朝から雨模様でしたが、試合開始時には雨も上がり、
人工芝の素晴らしいグラウンドでの試合になりました。
リーグ5戦目。今日も1名発熱によりお休みとなり10人で臨みました。

試合前には永瀬コーチより、遠征中の監督からの指示が伝えられました。
その指示には少し及びませんでしたか、
6分、右サイドに切れ込んだダイスケからユウタを経由したボールをコウタがゴール。
ここからは終始ボールをポゼッションしてのゲームとなりました。

多くの得点は得られましたが、課題も見つかった試合内容でした。
前半の得点は意図した崩しが成功した場面が少なかったです。
加えて前半は16分以降得点なし。
集中を欠いて全体的にパスミスが目立ち、ゴール前でも崩しを忘れ強引で、雑なプレーが目立ちました。
今後に向けての課題です。
また、後半12分、ダイスケのPA手前からGKの頭を越すゴールの後、
再開後すぐ、集中を欠いてセンターサークル付近から1本のパスでGKと1対1の状況を作られて失点。
ここは集中していれば防げた失点でした。

前節もそうでしたが、ベンチからの指示ではなく、
フィールド内で会話しながらポジションを変更してみたり、
ハーフタイムも前半の反省を後半にどう活かすか、
選手たちが自ら意見を出し合い、結果を出せるようになってきました。
みんなの成長を感じました。
良かったところは継続し、課題を潰しながら、次の選手権に向けて頑張ろう。

得点者
コウタ4
ダイスケ4
ナカタニ3
ユウタ2
ソウイチロウ1

by oomae


★フェニックスリーグ U-13 第5節★

ロヴェスト神戸B 10-1 神陵台SC
試合日時 3/15(日) 15:30〜
試合会場 灘中学校


この日は発熱により一人欠席の10人での試合でしたが、珍しいことに相手の方が少なくて8人。
ロヴェストが10人。相手8人の試合となりました。
10人と伝えた時はがっかりするかと思いましたが10人の方が動きやすいから良いと開き直っていました。

前半
1分 相手のゴールキックをショウタがカットしキーパーの頭を越えるミドルシュートで先制!
3分 コーナーキックを押し込まれ同点に
16分 ヒナタが左サイドからエリア内まで切り込みゴール!追い越しに成功!
18分 高い位置から寄せを早くし、ケンタロウが相手エリア内でボールを奪いカズへパス。
カズのミドルシュートで追加点!
26分 またまたゴールキックをカットしたショウタからケンタロウへパスが入り、
ダイレクトでキーパーの頭を越す華麗なループで追加点。

ハーフタイムには「パスが多過ぎ、しっかりとドリブルしなさい」と釘を刺し、
「あの時のこれは…」と危なかったり機能しなかった場面を1つ言うと出るわ出るわ問題点の数々。
「あの時はここに来い!」「しっかり戻って来て!」「寄せが甘い!」「しっかり周り見ろよ!」など
自分たちで問題のあった箇所を挙げ、自分たちでしっかり話し合いをしていました。

後半
2分 ケンタロウがハーフウェーラインでボールを奪いそのままゴール前までドリブルで
相手を抜き去りシュートを打つも勢いが足りず…そこへしっかりと詰めていたヒロが押し込みゴールイン!
4分 ケンタロウが右サイドエンドライン際からペナルティーエリア内へ抉り
カズへ丁寧なパスを送りゴール!
15分 相手エリア内でボールを奪ったケンタロウが囲んできた相手3人を
抜き去りキーパーとの1対1を冷静に決め追加点!
27分 ヒロからのスルーパスを受けたヒナタがキーパーをかわしゴール!
29分 ヒロからのパスをケンタロウがドリブルで持ち込みダメ押しゴール!

寄せの甘さや攻撃の幅の少なさなど課題はあるものの全員がしっかりと1対1や2、3人に囲まれた場合でも
取られない、しっかりと抜いていくという場面が増えてきています。
今回の試合ではしっかりと1対1の勝負で勝っていたと思います。
まだまだ、いっぱいシュートは外しますが…。

by nagase


★フェニックスリーグ第4節★
【2部Bリーグ】
対戦相手 ロヴェストA 7-0 大山寺中
試合 3/8(日) 15:00〜
会場 西神中学校

U14も、やっとやっと初めて11人揃っての試合が出来ました。
でも、チャンヨンが前日から38℃の発熱。
少し下がったという事で何とか来てくれました。ありがとー!

さて試合はポゼッションは8割くらいで圧倒。
決定的な場面もあと5回くらいはあった中でのゲーム内容です。

23分 1点目
右サイドをドリブルで切れ込んだダイスケがマイナスのクロス。
ソウキが合わせたシュートをキーパーが弾いたところにユウタが合わせてゴール!
29分 2点目
1点目と同じように右サイドから切れ込んだダイスケからのマイナスのクロスをユウタが綺麗に合わせてゴール!
38分 3点目
ゴール前の混戦からユウタがゴール!
42分 4点目
ソウイチロウが右サイドをドリブルで持ち上がってゴールライン際からクロス、ユウタが綺麗に合わせてゴール!
43分 5点目
相手コート中央でコウタが出したスルーパスにダイスケが抜け出しGKとの1対1を制してゴール!
46分 6点目
ダイスケの右コーナーキックをファーサイドでナカタニが足で綺麗に合わせてゴール!
54分 7点目
相手コート中央左寄りからダイスケがゴール前のユウタにパス、
そのまま走り込んだダイスケにユウタが落としてダイスケのゴール!
by oomae


★フェニックスリーグ第4節★

【3部Bリーグ】
対戦相手 ロヴェストB 3-2 八多中学
時間:3/8(日) 14:30〜
会場:玉津中

本日は初めて、やっとやっと11人揃っての試合が出来ました。
成長と反省が多く見られる試合で大いに楽しませてもらいました。
中学生の一年の差は大きく、毎度の事ではありますが、裏に蹴られてしまうとどうしても
危ない場面が増えてしまいます。
 前半6分 裏に抜け出した相手にタクミが懸命にディフェンスするも敵わず、
ゴール前に走り込んだ相手にパスを出されてゴール。
早くも先制点を取られます。
しかし、ここでへこたれないのがU-13の選手たち。
最初はボールが足元に付きませんでしたが、徐々にいつもの調子が出てきます。
 前半13分 ドリブルをする選手が増えてきたところ、ドリブルで切り込んで得た
コーナーキックをショウタが右足でダイレクトボレー。
見事に決まり同点に。
 前半19分 中盤でボールをキープしていたカズからショウタへスルーパスが通り、すかさずミドルシュート。
ボールは前に出ていたキーパーの頭上を通りネットに吸い込まれて勝ち越しゴール。
 前半28分 前半リードのまま後半へ突入かと思われた矢先、
些細なミスから相手選手の見事なロングシュートにより失点。
再び同点に追いつかれてしまいます。
 ハーフタイムに「縦のドリブルが無くて、横ばかりのドルブルでは相手は全然怖がらないよ!」
という指示を受けて、いざ後半戦へ。
後半の頭から縦縦横、横横縦のドリブルで相手陣地まで押し込みますが、
いかんせんシュートまでは到達できず、取られたら自陣までクリアされ・・・の繰り返し。
 後半6分 スルーパスに反応したケンタローがキーパーをうまくかわして追加点。
その後、得点までに至らなかったが、相手にボールを取られないサッカーが出来ていたと思います。
また、裏に蹴られるとヒヤリとする場面も多く失点していてもおかしくない様な場面もいくつかありましたが、
GKを始めDFの選手が体を張って阻止。
自分たちのドリドリドリのスタイルを貫いて11人揃って初めての勝利!
非常に嬉しく思います。
ボールを持っている際に安心感がある選手もいればヒヤヒヤさせてくれる選手もいますが、
これからの成長に期待しましょう。
選手たちの成長がよく見れたゲームでした。
by nagase

 

★春まで待とうホトトギス★

今日のフェニックスリーグも10人でした。
それも、1年2年共に・・・(泣)
ロヴェストの子供たちにサッカーの神様は「修行をしろ!」って
言ってるのかと思います。

3部B
11:00 ロヴェスト 0-9 小部中
フルボッコにされました。
でもいいんですよ。
ドリドリドリ、自分たちのサッカーを忘れてボールを蹴り始めたら
ロヴェストのサッカーは終わりです。
1年生の今、上級生を相手にもんでもらいます。
2015年のリーグも全敗かも?
しかし1年後は・・・(^^)V

2部B
13:30 ロヴェスト 2-2 平野中
緊張感のあるいい試合でした。
願わくば11人で戦いたかったですね。
10人制にならへんかなあ?

1点先取した前半終了のロスタイムに同点ゴールを許し、
後半にリードされて、その後追いつく展開でした。
後半も後半、終了直前に2度のコーナーキックをもらい、
2度目のヘディングシュートは惜しくもゴール上のネットに乗っかって試合終了のホイッスル。
残念ながら劇的なヒーローは生まれませんでした。

ロヴェ2年生のみんな!上手くなってるよ〜!!
1年生はこれからこれから!

春になったら新U13が来る!
春まで待とう・・・。

 
★第17回兵庫県中学生(U-13)サッカー選手権大会神戸市予選★

2回戦
日にち  1/18(日)
ロヴェスト 2-4 井吹台中

試合内容としては遅攻と速攻の差がはっきりと見られました。
井吹台中の中央からの縦パスの速攻の迫力はなかなか圧巻でした。
更に井吹台中2年生のフラット4のDFもガッチリと堅く、
ロヴェ2年の優秀なダイスケでも切り込んでは跳ね返されて、
なかなか切り崩すことが出来ませんでした。

遅攻のロヴェストは、自分たちのサッカーを崩さず、
慌てることなくしっかりとドリブル&ドリブル→パス、パス→ドリブル&ドリブル、
しっかりとロヴェストのサッカーをやり抜いてくれました。
後半の残り15分から2点を返したのは、選手たちのガンバリを誉めてやりたいです。

負けはしたものの、次に繋がるいいプレーがたくさん見れたのと、
課題をたくさん見つけることが出来たので、ほんとに悔いのない良い試合だったと思います。
もう少し早くエンジンが掛かっていればとも思いますが、今の実力はこんなもんですね。

明日からまた半年かけて改善です。
みんな練習の甘さを実感したと思います。
トレーンニング中におしゃべりばかりをしていたら技術が上がる訳がない!
さあ、みんな本気でやろうぜ〜ット!!



★2015フェニックスリーグ★

第1節 1/17(土)
★2部Bリーグ★
会場 竜が台中学校
キックオフ 9:00〜...
ロヴェスト 8-0 竜が台中

学校行事で1人休みになり、またまた10人で戦いました。
人数不足は慣れっこです。
みんな自然に戦っていました。
前半はドリブル、さらにドリブルの指示。
後半はショートパスを織り交ぜた戦い。
2年生は最終年度になりますので勝ちを意識する試合を心掛けるようにと言っています。
まだまだ技術不足ですが、ゆっくりじっくり良くなって来ています。
竜が台中、FWとDFにいい選手がいました。
足元の技術があればなあ・・・って思いました。

★3部Bリーグ★
会場 西落合中学校
キックオフ 13:30〜
ロヴェスト 1-7 西落合中

こっちは3人休みで、またまた9人で戦いました。
2人のハンディは大きかったです。
1点先取してから、あとは取られっぱなし。
でも、良く頑張ってましたよ。
失点する時はDFのタクミがドリブルで攻め上がってボールを奪われた時が多かったです。
両サイドのDFのカバーが行くものの、GKと1対1になることが多く、
残念な形で失点を重ねてしまいました。
でも、そのドリブルがいいですねえ。なかなか巧くなってきているんです。
いっぱい駆け上がって上手くなってくれ〜!
戦術は前半も後半もドリブル&ドリブル&ドリブル。
だから奪われて反撃の繰り返しですね。
でもいいんです。
これが栄養になるんですよ。
このドリブルの経験と苦労が1年後に花が咲くんです。
みんなそれまでがんばろうぜ!
来年は8-0やで!!



2015 フェニックスリーグ

      さあ、いよいよフェニックスリーグが開幕します。

第1節 1/17(土)
★2部Bリーグ★
会場 竜が台中学校
キックオフ 9:00〜
対戦相手 竜が台中
【参加選手】
申昌英、森岡諒介、田中大輔、花満宗一郎、竹内優平、
平松洸太、熊木悠太、金井塔哉、大前颯希、竹崎 泰博、中谷 斗哉
基本的に現地集合です。 1時間前に集合。
名谷駅から南西へ徒歩5分

【バス】
7:15 玉津中前
7:25 ロヴェストグランド
7:35 学園都市駅タクシー乗場付近
8:00 グランド到着

★3部Bリーグ★
会場 西落合中学校
キックオフ 13:30〜
対戦相手 西落合中
副審、スタンバイ 15:00〜

【参加選手】
新福 力哉斗、遠山 陽太、石川  賢太郎、文屋 重甫、杉村 拓海、松浦 寛人
小西 輝季、西田 渉、後藤 亮介、植崎 将太、久保河内 将香

基本的に現地集合です。1時間前に集合。

産屋敷は2部Bリーグを終えて西落合中へ行きます。
総合運動公園駅から東へ徒歩5分


★県選手権U13神戸市予選 1回戦★

日にち  1/12(月祝)
試合結果 ロヴェスト 5-0 鈴蘭台中
試合時間 10:15〜

ロヴェストの現1年生は9名。
早や行き(1月〜3月生まれの中2)が3名いるので辛うじて12名揃っています。
良かったよかった。
今日もボールをコロコロ転がしました。
2年生と違って1年生たちは「へたっぴ〜」なのに、何故か得点を取ってくれます。
ドリブルの方向やパスのタイミング、私がショートパス!と思ったらロングパスを出したり、
その逆も有りで、ほんまに良くわかんないサッカーをしてくれます。
ケンタロウとカズの波長の違うコンビがいいですねえ。
さてさて、前半5分に右サイドからダイスケが持ち込んでマイナス気味の短いゴロのパス、
それをカズがキーパーの頭上を超す綺麗なゴール。
続いて2点目は、前半11分、ペナルティーエリアの正面ラインを左から右へドリブルをして右足でシュート。
3点目は、前半24分、カズが右サイドからシュート気味なセンターリング。
キーパーがこぼしたところをショウタが押し込む。
4点目は後半19分。左のセンターラインの少し前あたりからショウカがシュート!
本人はパスって言ってますが、それをヒロが受けてシュート!

全体的にキープ力は良くなってきていますが、緩急をつけたドリブルと
視野を広げるトレーニングがまだまだもっともっと必要です。
DFではタクミの成長が大きく、ワタルとのコンビが可なり良くなって来ているので、嬉しく感じました。

まだまだボールを奪われる、また失うことが多いので、寄せの速いチームには通用しないと思います(汗)

さあ、次は1/18(日)、じっくりゆっくり改善して、みんなガンバローゼ〜っと!!

そうそう、2年生も来てくれて、しっかりと応援してくれました。
みんな、ありがとうね。



第17回兵庫県中学生(U-13)サッカー選手権大会神戸市予選

いよいよ、選手権大会神戸市予選の日が近づいて来ました。
この大会は、1年生と早生まれのメンバーが参加出来きる大会です。
これまで培ってきたプレースタイルで、どこまで勝ち上がれるか本当に楽しみです。
みなさん応援を宜しくお願い致します。

◆1回戦
日にち  1/12(月祝)
対戦相手 vs 鈴蘭台中
試合会場 魚崎中
試合時間 10:15〜
審判 スタンバイ 9:00〜

【出場選手】
1年 石川賢太郎、松浦寛人、小西輝季
   西田 渉、杉村拓海、久保河内将香
   後藤亮介、文屋重甫、植崎将太
2年 田中大輔、申 昌英、竹崎泰博
※他の2年生は応援自由

 
第8回 芦屋ウインターフェスティバル

【日程】 2015年1月5日(月)〜6日(火)
1/5 芦屋学園総合運動場
1/6 芦屋市立潮見中学校

試合日程などご確認下さい。
スケジュール表
大会要項

 
第2回 U-14 YF杯ウインター杯

【日程】 2014年12月26日〜27日
【開催地】大和高原ボスコヴィラ
【宿泊】 ボスコヴィラ施設内 (奈良県奈良市針町3918)

U-14 スケジュール表
U-14 予選リーグ表
U-14 順位トーナメント表

[バス]
5:30 ロヴェストグランド出発
5:40 学園都市駅タクシー乗り場前
5:45 白川ランプ インテリア店の前
7:40 ボスコヴィラ着

[参加チーム]
SALFUS oRs(A) [静岡県]
SALFUS oRs(B) [静岡県]
豊橋南ブレッツァFC [愛知県]
AMA FC [愛知県]
ハジャスFC [岡山県]
ロヴェスト神戸 [兵庫県]
VIVO ニッケFC [兵庫県]
加賀屋FC [大阪府]
パスドゥ−ロ [大阪府]
宇治FC [京都府]
J−マルカ [京都府]
YF NARATESORO [奈良県]

宿舎には、お風呂にシャンプー&リンス、ボディーソープはあります。
その他必要なものがございましたら各自ご用意ください。(タオル、歯ブラシ等)

2015年度 新中学1年生(新U13) メンバー募集中

創部後3年を迎えるチームです。
ロヴェスト神戸は「個」の育成をモットーにしています。
徹底的にドリドリドリ!
ボールを奪われるな!!
練習内容は、個人の技術を伸ばすために徹底的に足技を中心としたメニューです。
高校生になった時に第一線で活かせる技術を視野に入れた育成を実践しています。

勝利すると本当は嬉しいし、本音はいつも勝ってほしいのですが・・・。
勝つことを優先しませんので、勝ちをお望みの方はご要望に添えないかと思います。


(写真は夏休みの遠征の途中に日本海でひと泳ぎ)


★2014 フェニックスリーグ最終節★

10/12(土)は暫定4位の星和台中(6勝1敗2分)と暫定5位のロヴェスト(6勝2敗1分)との激突。
両チームともに最終試合。
星和台中は引分けでも4位確保、ロヴェストは勝たなければいけない土壇場の試合。
こんな試合前からドキドキする面白いゲームはありませんね。
試合内容は。
前半5分にダイスケが右からドリで駆け抜けてゴール前を通したボールにヤスが合わせてゴール。
そのあとディフェンス中央の裏を上手く通されて1点を献上。
前半を1−1で折り返す。

ハーフタイムに言った言葉。
「2部でも3部でも各チームは年ごとに強さが変わるから、
どっちの部にも素晴らしいチームは居る。
選ぶのは君たち。コーチはどっちでもいいよ。
2部に行きたければ、みんなで頑張るこっちゃな。」

後半20分に中央突破で抜きに出たケンタローが得点。
更に25分に右からのセンターリングを頭で合わせてヒナタが追加点。
終了間際、相手のディフェンスの中央に出たボールをコータが走り抜いて得点。
結果 ロヴェスト 4−1 星和台中
リーグ戦の結果は7勝2敗1分で神大付属中(7勝3敗)を抜いて3位となり、
次年度は2部に昇格を果たしました。
3部リーグの4位までのチームが2部に昇格します。

ロヴェストはクラブを作って2年目。
子供たちは2年生が最上級生で、集まった子供たちは下手くそ揃いで、
1年生時のルーキーリーグは当初は「ほんまに大丈夫かなあ?」って
この夏休みまでの対戦相手は中学3年生のチームが殆どだったことを考えると、
ほんとに良く頑張ってくれたと思います。
(この日の星和台中は3年生が引退し2年生以下のチームでした)


 
★フェニックスリーグ 第10節★

10:30 キックオフ
対戦相手 小部中

◆勝負と躾...
最近の子供は携帯ゲームに夢中で、バスの中ではワイワイガヤガヤ大にぎわいで、
それは活気があっていいのですが、その反面、今から何をしに行くのか分かってんの?…と、
呆れてしまいます。
だから、1か月前くらいからバスの中では携帯禁止令を出しています。
今日も試合に行くバスで早速携帯を出し、ワイワイガヤガヤ…。
直ぐ様「携帯禁止!」
それでも聞かない奴がいて、罰として前半だけでしたが試合に出しませんでした。
戦力の選手です。
今から何をしに行くのか、今は何をすればいいのか自分で分かり、考えられる年齢です。
先日の試合は苦労して苦労してやっとの思いで勝利したのですが、
今日はしつけの方が絶対に大切だと思い、試合は負けてもいいと思いました。
今日の試合も本当に大切な試合でしたが、遊び気分では許せません。
バスの中で集中力を高めたり、みんなでミーティングなど、やることはいっぱいある筈です。
試合のゲーム内容はこっちが支配しているもののバランスはチグハグ。
いつものように得点が取れず、先制点そして追加点と取られて後半の15分まで2:0で負け。
後半、得点チャンスを何度も外しながら、やっと1点を返して2:1。
そしてまたまたサッカーの神様は見方をしてくれました。
アディショナルタイムに入って、コーナーキックからリョウスケのバッチリなヘディングでの同点ゴール。
負けなかったものの、喜べませんでした。
勝負と躾、難しい年齢に入って来ましたね。



★第48回兵庫県中学生サッカー選手権大会神戸市予選★

1勝するのは難しいですね。
8月23日(土)に行いました高円宮杯の神戸市予選
ロヴェスト神戸 1-3 魚崎中
敗戦に終わりました。
注目して頂きましたご父兄の皆さまには肩透かしをしてしまい、
誠に申し訳ありませんでした。

敗戦の理由
◆全員がド緊張軍団になり、自分に負けてしまいました。

いつもならアドバイスの後に「はい!」っていう返事があるのに、
この日は全員が返事なしで無言。
目が点の状態。
まさかなあ・・・って思っていたのですが・・・
そのまさかでした・・・とほほ
プレーはガチガチ、ドリブルにキレがなく、パスもコントロールが悪く、
前半はシュート ゼロ〜

振り返れば、行きのバスの中も声が少なかったですね・・・
でも、帰りのバスの中はワーやギャーや大騒ぎでした。

誰か緊張をほぐす薬があれば教えて下さ〜い。

まあ、ポゼッションは高かったので良しとしておきます。
さあ、これからは最終学年に向けて1からやり直しです!
みんな、がんばろうぜ〜ット!!







★第48回兵庫県中学生サッカー選手権大会神戸市予選★

組み合せトーナメント表

8/2(土)に抽選会が行われました。
どのチームもしっかりとトレーニングを行なって、
万全の態勢で臨んで来るでしょう。
ロヴェストU14も、素晴らしい試合が出来るように
更にトレーニングを行おう!


7/26(土)-27(日) 強化?合宿風景 

★U13 フェニックスリーグ 第4節
3/8(土)

ATSは底力がありますわ〜。
結果は0-6で完敗です。
前半の20分ぐらいまでは一進一退だったんですけど・・・。
左から切り込まれて1点を奪われて、後半になってコーナーキックで3点も奪われて、
キーパーの上をループシュート、そしてオウンゴール。
でもまあ実力Aクラスのチームに追いつくには、まだまだ修行が必要ですね。...
亀チームは亀なりにゆっくりと一歩一歩技術を上げていかないと仕方ないですね(^^;)
この試合で大きな弱点を教えてもらいました。
コーナーキックで3点も取られた事!
我が亀チームは空間認知能力がゼロ以下〜。欠如してました〜。
ボールの落下地点に早く動けないんです・・・。とほほ・・・。
早速、昨日3/9(日)はテニスボールを高く投げて落下地点に動いて捕球する練習をしました。
・・・が、これがまたえらいこっちゃでした。
ボールを投げれない子ども達ばっかりだったんです〜。
投げ方ゼロ点!
でも子供たちは、例のごとく、キャッキャと笑いながらやり始めて、これがまた、見ている方も大爆笑なんです。
想像して見てくださいね。投げ方が女の子みたいなんです〜。
そして飛ばないんです〜。
しかしまあ、サッカーチームなんですから、やっぱり仕方ないですよね(^^;)




 
 
★第16回兵庫県中学生(U13)サッカー選手権大会神戸市予選★

2014/1/13(月祝)、2回戦敗退です〜残念・・・。

1/13 1回戦 ロヴェスト 3−1 六甲中
1/13 2回戦 ロヴェスト 0−2 本山中

1/14 1、2回戦の試合結果

ロヴェスト U13メンバー
 背番号  氏名  出身チーム
1
4
5
6
7
8
9
10
11
13
17
23
申 昌英
森岡 諒介
遠山 陽太
田中 大輔
花満 宗一郎 
新福 力哉斗
竹内 優平
平松 洸太
熊木 悠太
金井 塔哉
竹崎 泰博
大前 颯希 
FC玉津
神出SC
つつじが丘FS
FC玉津
新多聞SC(神戸市U13トレセン)
FC玉津
FC玉津
FC玉津
FC玉津
FC玉津
新多聞SC
岩岡FCアミーゴ

 
★2014神戸市フェニックスリーグ(U15)★
初戦です
場所:王子スタジアム
キックオフ:13:00〜
ロヴェスト神戸 3-1 北神戸中
...
冷たい六甲おろしが吹く中で、試合開始のホイッスル!
序盤、硬さが見えた選手たちも徐々にボールが回り出し、前半の終了間際にフリーキックからキーパーと
競ったボールが落ちたところを大輔が詰めて1点目。
後半始まって直ぐに、ロヴェのDFが集中を切らしたところを相手選手に
見事なシュートを決められて1-1となる。
その後は、ロヴェストがボールを回して有利に試合を展開するが、相手選手の大きさに
阻まれてゴールを割ることが出来ずに刻々と時間が進む。
勝ち越し点は悠太。
この悠太、前半20分に相手と接触して転んで丸坊主の頭を相手選手の足の前に出したもんだから、
ボールと間違えられてインステップキックを食らって撃沈。
頭なんで、今日の試合はそのまま外しておこうかと思っていたところだったが、
左FWの陽太が右から来たグラインダーのボールを’ド・フリー’で外してしまったから、
幸運の女神が悠太に微笑んだ!
産屋敷はこんな気の抜けたプレーは大嫌いで許せな〜い・・・っと来たもんだ!
後半17分に「はい、陽太くんは交替〜」
悠太の顔を見ると、降板して淋しいのか?頭を蹴られて痛いのか?
どっちか分からない半泣きの状態だったが、出ると分かった瞬間に満面の笑顔と元気モリモリに変身!
その悠太を左のMFに投入。
残り5分を切った時に、悠太がペナルティーエリアの外左側から蹴ったシュートが
ゴール右サイドネットに吸い込まれて勝ち越しの2点目。
そして終了間際、泰博がコーナーキックからのワンバウンドしたボールを
頭でトラップをして綺麗にボレーシュート。

全体としては、ボールキープ、ダイレクトプレーともに順調に
良くなって来ていると感じる試合だった。
素晴らしいプレーをしてくれた選手がいるが、誉めると頭に乗るので止めとく〜。
でも、まだまだ、本当のサッカーこれから!
みんな一所懸命にがんばろうぜ〜ット!!

ロヴェストのユニホームはぜんぶ白。




ロヴェスト神戸 U13・U14 メンバー募集

 

ロヴェスト神戸は2013年4月より、中学生のサッカークラブとして神戸市3種に加盟し、活動を行っています。
練習内容は、個人の技術を伸ばすために「ジンガ」を中心としたメニューで、
徹底的に足技のトレーニングを行い、1対1から1対2、1対3をおこなっています。
ゲームではパスを禁止し、局面を打開する個人突破の練習など、終始個人の技術に磨きをかけ、
高校生になった時に第一線で活かせる技術を視野に入れた練習を実践しています。

中学生でサッカーの活動場所を探している選手がいましたら、ロヴェスト神戸でやりましょう!

近い将来L’ovest KOBEから世界で活躍するプレーヤーが出てほしいという大きな夢を持っています。
世界を目指す「個」をつくり、サッカーを心から楽しみ、自主自立した個を育みます。

夢のあるL’ovest KOBEを、みんなで作っていきましょう!




★ロヴェスト ジュニアユースの考え方★

勝ちに拘りませんので、勝ちたい方にはロヴェストのサッカーは合いません。
ボールを奪われない事に重点を置き、足元の個人技を中心にトレーニングをしています。
個人の技術が上がれば自然と勝てるサッカーに繋がるものと考えています。
高校年代でバリバリ出来るような核になる選手を育てたいと願っています。


★ハーフタイムのアドバイス★

ロヴェストはドリブルだけ〜のサッカーではありません。
ドリブル主体のチームです。
必要なときはパスもしますし、ワンタッチプレーもポコポコ通します。
でも遅攻サッカーです。
縦ポンのサッカーにはゴールをやられます。

ちょっと前の試合
縦ポンで前半に2失点。
試合中に声を掛けて指示をすればいいのですが、私(産屋敷)は気付くのを待ちます。
ハーフタイムになってDFに聞きました。
私:縦ポンを防ぐには?
DF:足の速い選手がいるので、守れる距離を取ってカバーリングも話し合います。
私:いいねえ。がんばれよ。
後半は0失点でした。
満足満足。

このページのTOPへ戻る