★2018年度 ロヴェスト神戸 ジュニアユース生(新中1)の募集★

体験練習会 毎週火・水 参加者受付中


ロヴェスト神戸も皆様のご協力を頂き、この10月で6年を迎えることが出来ました。
中学生年代は男性ホルモンも急激に増え、心身ともに大人に近づき、
また大人になろうと懸命にもがく年代です。
小学生年代で出来なかったプレーが簡単に、
また、考えているプレーがしっかりと出来る年代になります。
ロヴェスト神戸はサッカーを通じて大人になろうとする子供たちを見守り、
更に成長させるチーム作りをして行きます。
中学生になると、身体も一段と大きくなり、プレーもすばらしく早くなります。
少年時代と大きく変わるのは接触プレーの激しさです。
まれにラフプレーに切れてケンカになることもあります。
ラフプレーをされた時は相手の未熟さを思い、良いプレーで見返すことを学んでもらいます。
試合は、対戦相手が居て出来るものです。
試合相手を敬い、そして友達になる。
これからのサッカー人生で何人の友達が出来るか無限の将来に期待しています。

技術面では「止める・蹴る・運ぶ(走る)」の基本を徹底して繰り返しトレーニングをして行きます。
特に「止める」。単に止めるのではなく「止めたい場所にきちんと止められるか!」が、
今後の成長のカギになります。
高校生から社会人、またプロになっても、レギュラーになるのは、
この「止める」技術が大きく左右すると断言できます。

指導方針
「教え込む」・・・ということをしません。
しかし、上手くなるためのオーガナイズ(練習メニュー)は任せて下さい。
ロヴェスト神戸は塾やお稽古の場所ではありません。
サッカーが上手くなれば高校が選べるという武器を手に入れることが出来ます。
だから、個人が上手くならないといけないのです。
「教えてもらう」を「学び取る」に考え方を変え、自分自身でプレーを改善し、
向上するような指導方法、ボトムアップ理論の考え方を取り入れています。

                 
                  ◆ロヴェストの特徴
・ロヴェスト神戸は個人の技術向上を最優先。
  じっくり、ゆっくりと育てることをモットーにしています。
・試合に勝ちを求めません。
  決して負けても良いとは思っていません。もちろん勝負は勝ちたいです。
  しかし、個人の技術向上を最優先とするには、試合の勝敗に一喜一憂せず、
  徹底的に足元に拘ったチーム作りが必要と考えています。
・ドリブルから始めます。
  最終的にはボールを見ずにドリブルが出来る選手の育成を行なっています。
・目標は、高校生になって1年生からレギュラーになる事を目指しています。
  中学生は身体が大きくなる時です。ですから、ロヴェストは筋トレはしませんし、させません。
  走りこみも殆どしません。
  筋肉を付けると身体が大きくなる妨げになりますので、中学生の内は自然に任せます。
  今の内に足元の技術を徹底的に学んでおくのが一番だと心から信じています。
  筋トレや体感の強化は高校生になってからで充分です。
・選手個人が自分で考え、自分で判断。
  自分で考えて、学んで、そして実践する育成を進めています。
  好きな事や目標にしている事は、他人に言われても成長しません。
  自分で本気になって、やり遂げようと信念を持つことが最大の成長に繋がります。
・サッカースタイルは個人技中心のドリドリです。
  選手たちは中学2年生ぐらいから自然とパスサッカーに切り替わっていきます。
  中学3年生は細かいショートパスをポンポン繋ぎ、ロングパスも使うチームになっています。


・ひとり言
  スクール生がそのままロヴェストのジュニアユースに来てくれると、しっかりと足元が出来て
  いるので、次のステップの「ドリブルを主体とするショートパス、ロングパス」のトレーニングに
  繋げられるのですが、みなさん勝ちたいと言う思いから強豪チームを受けて合格して行きます。
  この5年間に育った子供たちが残っていたら、既に神戸の強豪の仲間入りを出来ているのではと
  思うほどです。
  強豪チームは、当然、勝利優先の早いサッカーで、パスや走る速さを要求されます。
  ドリブルをするとメンバーとのタイミングが合わず、ドリブルをしないように注意され、何回も
  注意を受けていると監督・コーチ嫌われてベンチだけのメンバーになってしまいます。
  実際に、私が心を込めて育てた選手が強豪チームに行って試合に使われずに辞めてしまった例は
  いっぱいあります。
  本当に残念で仕方ありません。
  でも現実は、日本代表で活躍している、香川選手や乾選手、井手口選手など、ゴール前でしっかりと
  相手を交わしながら得点を決めて行く選手が主力になってきています。
  小学生・中学生年代で相手を抜く経験をいっぱいさせていないと、高校・大学・社会人で能力を
  発揮できないと私は考えます。
  本気で将来を考えるならドリドリドリ中心のロヴェストを是非検討してみて下さい。


近い将来、ロヴェスト神戸から世界で活躍するプレーヤーが出てほしい
という大きな夢を持っています。
世界を目指す「個」をつくり、サッカーを心から楽しみ、自主自立した個を育みます。
こんな小さなグランドで何が出来るか!?
夢のあるロヴェスト神戸を、みんなで作っていければと思います。

◆ロヴェスト神戸の募集条件
サッカーが大好きな事と、コツコツと真面目に真剣に本気でトレーニングが出来ること。

◆体験練習会 (いつでも何回でも参加OKです)
曜日 :火曜、水曜日
時間 :18:00~20:30

◆選考会
面談と体験練習の中で技術を見させて頂きます。
サッカーの熱意、人に迷惑を掛けない・・・これが見れれば大丈夫です。

◆募集人員
  20名程度。

◆申込方法
ロヴェスト神戸 産屋敷(うぶやしき)まで電話またはメールにて、お気軽にご連絡下さい。
090-5463-8722
t.ubuyashiki@lovest-kobe.com

◆参加しているリーグ
  神戸市サッカー協会3種に登録。
兵庫県クラブユース連盟に所属。

◆練習場所
    火、水、木 :18:00~20:30 ロヴェストグランド
木曜日:18:30~20:00 大蔵海岸グランド(グランドが抽選で取れた場合)
土日祝:ロヴェストグランド、その他のグランド、リーグ戦、練習試合

◆指導者
    産屋敷 富夫(JFA公認C級ライセンス)
    俣野 伸之 (JFA公認C級ライセンス)
    緒方 太一 (JFA公認C級ライセンス)
その他、若干名

◆連絡先
産屋敷富夫
携帯:090-5463-8722
e-mail:t.ubuyashiki@lovest-kobe.com

◆ホームページ、facebook
    http://u-bu.jp/LovestKOBE/index.php
http://www.facebook.com/LovestKOBE


 
      2017神戸市
★フェニックスリーグ(U15)★

 ロヴェストA
第1節 1/28(土) 滝川第二
第2節 2/12(日) 星和台
第3節 2/25(土) 大山寺
第5節 3/19(日) 大原
第6節 4/16(日) 湊島・龍谷
第7節 4/22(土) 須磨学園
第8節 5/03(日) 須佐野
第8節 5/20(土) 滝川第二
第10節 5/28(土) 吉田
第11節 7/22(土) SUMA B

 ロヴェストB
第1節 1/28(土) 王塚台
第2節 2/12(日) 神陵台SC
第3節 2/25(土) 八多
第4節 3/05(日) 歌敷山B
第5節 3/19(日) 北神戸
第6節 4/16(日) みなとGRAW B
第8節 5/03(日) 桜ヶ丘
第8節 5/20(土) 丸山
第10節 5/28(土) ATS B
第11節 7/22(土) 神大付属

  星取表

  対戦表

 
 
2017兵庫県
★ルーキーリーグ(U13)★


 
 ★Next League★
U14のリーグ戦です。

 
★第31回兵庫県CYS選手権★

日程表






★ロヴェストのジュニアユースの卒会~☆
4/2
昨年9月から高校受験の勉強に入って、久しぶりにメンバーが集まりました。一人欠けてますが・・・。
顔が真っ白なので、真剣に勉強していたのがはっきりと判りました。

なんかこのメンバーは気になると云うか、なんというか。
不思議に面白かったやつらです。
勝てると思えば簡単に負けちゃうし、負ける相手にしっかりと頑張れるし、
へんてこな本当に面白かったメンバーです。
ですから、もう1年サッカーを一緒にしたかったなあ~、って思えるやつらです。
別れは寂しい限りですが、これもまた人生です。
高校に行って、ガツンガツン頭を打って、いっぱいいっぱい成長してくれよ~。









★ロヴェスト神戸 第3期生★

★第3節 太山寺中戦☆
2017/2/25(土)
天候も良くグランドコンディションも良かったと思います。
しかし、テスト休みで10日間ほど身体を動かせてないのは、これまた痛かった。でも相手も同じですね。
身体のキレがないし、また走れない、走らない。
更に今日はDFの要のキャプテンとその相棒が休みで、10人でゲーム開始。
将棋でいうと金銀抜き。そして1名減でプレーオン。
縦パスに相手FW選手がスピードを活かしたプレーでポンポンと失点が重なり、
急造のセンターバックとサイドバックでは荷が重かったという結果になりました。
ポジションは基本的には選手たちで決めます。
途中からFWのレンが自主的にセンターバックに行って一旦は落ち着いたものの、
ポジションを戻せば、またポコポコやられてしまいました。
個の技術では負けてなかったという、ちっぽけな拘りで納得することにしましょう。
時期外れのインフルエンザ・・・とほほ。
ロヴェスト 1-9 太山寺中






★第2節 星和台中戦☆
2017/2/12(日)
日本海側では大雪が積もっているところ、
星和台中の鈴蘭台地域では雪はないもののグランドが凍結してカチンカチンの状態でした。
グランドに日が当たり始め、霜が溶けてじゅくじゅくのグランドに変わる中での試合で、
これもまた良い思い出になりました。
さて試合は、局面の打開はロヴェが優位でしたが、
縦の長さが無いグランドでディフェンス6名で守られて、
中々ゴール前に行けなかったのが残念な結果に繋がりました。
得点された内容は、フリーキックの失点、縦のスルーパースの失点です。
攻めに掛かったところの失点なので残念です。
ロヴェスト 0-2 星和台中

 


★今夜も居残り練習☆
中学生+小学生、居残ってがんばってます。
上手くなってくれ、失敗して失敗して失敗して。
必ずチャンスをものに出来るぜ~ット!




★山登りでは3合目☆

今日のTRMのU14は、前半はパス禁止で臨み、後半はパスだけで臨みました。
ロヴェのジュニアユースの選手たち、口では「勝ちたい!」とは言うものの、
今までと気持ちは全く変化なし。
サッカーは甘くはありません。
本気の本気にならないと・・・。
まだまだ3合目。
険しい山を登るには必死の覚悟が欲しいです。



★ジュニアユースの練習も・・・☆

どこまでやれるか!
どこまで通用するか!
2年生はあと8~10ヶ月です。
ここまで来たら徹底的に個人技を鍛えて鍛えて鍛えまくります。
ジュニアユースの練習も1対1対1対1対1対1対1対1対1対1です。
やり切るぞ!みんな!
今日は、ひょこりと3年生のケンタローが来たので記念写真パチリです。




★ロヴェスト ジュニアユースの考え方★

勝ちに拘りませんので、勝ちたい方にはロヴェストのサッカーは合いません。
ボールを奪われない事に重点を置き、足元の個人技を中心に徹底的にトレーニングをしています。
個人の技術が上がれば自然と勝てるサッカーに繋がるものと考えています。
高校年代でバリバリ出来るような核になる選手を育てたいと願っています。

このページのTOPへ戻る