ロヴェスト神戸は神戸 西区(西神中央の近く)で活動するサッカースクール、サッカークラブです。
 
 ★ロヴェスト 大蔵海岸スクール★

 場所  :明石市立大蔵海岸多目的広場
 住所  :明石市大蔵海岸通2丁目5番
 曜日  :毎週 水・木曜日
 時間  :17:00〜18:30
 月会費 :8,640円(税込)


 問い合わせ
 産屋敷 090-5463-8722
     tom-ubu@softbank.ne.jp
 お気軽にご連絡下さい。


大蔵海岸スクールのトレーニングは、ロヴェストグランドのスクールと一緒です。
大蔵海岸スクールも足元のトレーニングで、
ドリブルのトレーニングを中心とした足元の技術向上を徹底的に行います。



■父母のみなさんからの切実な悩みを聞きます■

・私の子供にだけなのかも知れませんが、所属するチームのコーチが、
ドリブルをしていたら『早くパスを出せ!』って言って、
ドリブルをさせてくれないんです。
・ロヴェストスクールの練習中では上手くドリブルが出来るようになったのですが、
所属するチームでは全くしないんです。

子供たちは、コーチが「持つな(ドリブルするな)!」「パスしろ!」「シュートしろ!」と
言うと、必ずその言葉に従います。
いくらロヴェストでドリブルを習得しても、
そのコーチに会うと瞬時にスイッチをOFFにしてドリブルをしなくなります。
コーチが居る、居ない、を見極めて本当に上手く使い分けます。
極端なことを云うと、コーチの指示に従わない子供は試合から外されます。


足元の技術は大人になってからでは殆ど身に付きません。
それは、社会人=仕事という事から、プロでない限り練習は夜、
そして1週間に1〜2日の2時間程度、
また試合での実践は月に1〜2試合程度、だと思います。
練習・実践できる量の少なさが大きな要因になります。
また、試合中に経験を積もうとして、一人でドリブルをやり始めて失敗を繰り返すと、
周りの仲間から自分勝手な奴だ・・・って見られて相手にされなくなります。

従って、個人技はサッカーに関われる幼児〜中学生の長い時間が
いちばん大切になります。
個人技は、対戦する相手に対しチャレンジしてチャレンジしてチャレンジして、
更にチャレンジしながら感覚を養って習慣化し、
充分な時間をトレーニングと実践に使って、
やっと身につくものと考えます。
ですから、私は小中学生時代は個人の技術を付ける本当に大切な時期だと思います。

高校に行けば、大人のプレースタイル(パスサッカー)が要求されます。
小中学生時代は、コーチの考え方一つで子供たちの育成を行え、
失敗しても失敗しても失敗しても、
ドリブルをさせて個人の能力を最大限に伸ばすことが可能です。

私(産屋敷)は、小中学生のいちばん成長する時期に、
しっかりと技術を身に付けさせなければいけないと確信します。

子供のころから、試合中のプレーは選手に任せていないと、
素晴らしいプレーヤーは育たないのでは・・・。
大人になれば、全て自分で考えないといけないのですから・・・。


★ロヴェストの指導方針★

さて、ロヴェストの指導方針です。

1. 左右の足、どちらでもボールキープがスムーズに出来るようにする。
2. ボールを見なくてもドリブル出来るように徹底的に足元を鍛える。
3. 周辺を観る習慣を養う。
4. 状況判断能力を養う。

    プレー中の判断がパスが出来るようになると、
    シュートも簡単に出来るようになる。
    良く言われます「シュートはゴールにパス!」と。

ロヴェストは適切な時期に適切な指導方法を、
個人の成長を判断しながら進めていきます。
職人技は1日や1か月で身に付きません。
毎日毎日、繰り返し繰り返し、飽くことなく実践して、
失敗して改善し、失敗して改善し、
更に失敗して改善して上達するものと考えます。
ロヴェストはトレーニングをしながら成長する指導方法を行っていきます。

この4年間で、多くの子供たちの足元の技術を
しっかりと改善し身に付けて来た実績で、
これからも多くの子供たちを育成していきたいと思っています。

多くの父母のみなさんから「もっと早く来れば良かった!」という
嬉しい言葉をいっぱいもらっています。
この言葉が「ロヴェストに出会えて良かった!」と言われるようにしていき、
神戸、兵庫のサッカー王国を作り上げる選手の育成に
努めていきたいと考えています。








                                 


スタディルーム

 
 
★クラブメンバー員募集☆

詳細はU12のページへ
 




 
   
 
 
ショップ U−NO
ショップ U-NOのチラシ
Cafe L'ovest
Ber L'ovest Puromessa

 
 HP制作:ubuyashiki